スズキソリオにガラコウォッシャー液を補充してみた

ガラコウォッシャー液
スポンサーリンク

こんにちは。

ソリオバンディットのウォッシャー液が切れてしまったので自分で補充しました。2016年11月に新車購入した以来の作業です。

この車種でのウォッシャー液補充は初めてなので備忘録も兼ねてブログにまとめます。

 

スポンサーリンク

選んだウォッシャー液

ガラコウォッシャー液

今回選んだウォッシャー液はガラコ撥水型ウインドウォッシャー液です。

とりあえず撥水タイプならどれでも良くて「ガラスの撥水といえばガラコかな」って理由で選びました。

3倍まで水で薄めても撥水効果には変化がないということです。(不凍効果は落ちてしまうので注意してください。)

ガラコウォッシャー液には凍りにくい寒冷地対応の上位タイプもあり、お住まいの地域に合わせて選べます。

 

 

ソリオのウォッシャー液補充口

SUZUKI SOLIO BANDITでの作業内容です。

ウォッシャー液の補充口はボンネットの中にあります。

自分で整備をするような人でもなければ、普段ボンネットを開けることなんてありませんよね。でもウォッシャー液の補充なんて想像以上に簡単です。

運転席の右足付近にあるボンネットオープンレバーを引っ張ります。バコンっという音とともにボンネットが少し浮き上がります。

そしたら外に出てフロント側に回ります。

 

ソリオのボンネット

ボンネットは3cmほど浮いていますがこれ以上は開きません。

この時にボンネットの中央にあるロックレバーを外す必要があります。

この少しだけ空いている隙間に指を突っ込んでレバーを押しながらボンネットを持ち上げます。

 

このあと洗車したので、車が汚いのは気にしないでください(汗)

 

ソリオのボンネット

このソリオバンディットのレバー形状はこのようになっています。

レバーを左に押しながらボンネットを持ち上げてください。

 

ソリオのボンネット

持ち上げたボンネットは、手を離せばバタンと落ちてきます。

ボンネットを持ち上げたままにするため、ボンネットサポートロッドを使用して固定してあげます。ようするに突っ張り棒です。

エンジンルームの左奥付近にあるはずです。

 

ソリオのボンネット

ボンネットサポートロッドの端を取り外して、ボンネット側にある穴へと引っ掛けます。

これだけでボンネットを開いた状態で固定できました。

 

補充のポイント

ソリオのウォッシャー液補充

ボンネットサポートロッドの取り扱う際にすでに気が付くと思うけど、すぐ近くにあるブルーのキャップがウォッシャー液の補充口となります。

ちゃんとウォッシャー液のマークがあることを確認してください。

このキャップを外してウォッシャー液を補充するだけです。

 

しかし、ここで注意が必要です。

 

種類の違うウォッシャー液を混ぜてはいけないのです。

ウォッシャー液が混ざってしまうと撥水効果が落ちてしまったり、成分の化学反応などでワイパーの劣化に繋がってしまいます

ウォッシャー液が切れた状態でもホース内に残っていたりもするので、補充前には一度清掃するのが無難です。

 

 

ソリオのウォッシャー液補充

ペットボトルなどを使用して水道水をウォッシャー液タンクへと補充します。

そして水道水が出なくなるまでウォッシャー液を噴出し続けてください。

これでホース内が水道水で清掃されます。フロントはもちろん、リア側からも忘れずに噴出してください。

この清掃作業が済んだら、買ってきたウォッシャー液を補充して完了です。

 

ちなみに私は薄めることなくウォッシャー液を満タンに補充しました。2Lの製品ですが少し余ってしまったので、ソリオのウォッシャー液容量は1.5Lくらいだと思います。中途半端に余らせることを思うと、1Lを水で薄めて2回分にしても良かったかなとも感じた。

 

まとめ

自分で整備するような人でもなければ、普段ボンネットを開けることなんてありませんよね。

でもウォッシャー液の補充くらいなら初心者でも簡単に作業できます。

とくに撥水タイプのウォッシャー液は便利なのでおすすめ。汚れは落ちやすいし雨をよく弾きます。ガラココーティングと組み合わせれば効果期間も長くなるそうです。

スズキ ソリオバンディットのウォッシャー液補充の記録でした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました