サイト毎に審査が必要!ブログを開設したらAmazonアソシエイトに忘れずに申請しよう

ブログトラブル
スポンサーリンク

こんにちは。

新しく当ブログを開設したことで避けては通れないのが『Amazonアソシエイトにサイト追加の申請すること』なわけですが、今回は申請を出してから承認されてブログにAmazonリンクを貼り付けられるようになるまでの流れをまとめました。

Amazonアソシエイトには落とし穴というか盲点があるので注意して下さい。

 

サイトごとに追加申請を出さないといけない

Amazonアソシエイトはサイト毎に審査が必要です。ブログを新しく開設したらその都度、Amazonアソシエイトに審査をしてもらう必要があります。

自分で『ウェブサイト情報の入力』でURLを追加しただけではサイトは承認されていないので気をつけてください。必ず問い合わせから申請を出しましょう。

承認していないサイトに広告リンクを貼っていると規約違反となり、ペナルティで収益がパーになる可能性があります。

私がサイト認証してもらうまでの流れをまとめました。

 

スポンサーリンク

新設したサイトを追加登録する流れ

ウェブサイトを新設してからAmazonアソシエイトに追加登録するまでの流れを①〜③までまとめました。いきなり③の設定だけしても意味はありませんので必ず①からの順に登録作業をすることをおすすめします。

①申請を出して審査してもらう

まずはAmazonアソシエイトに登録した時のように新設したウェブサイトの追加登録の申請を出して審査をしてもらう必要があります。

 

Amazonアソシエイト追加登録

▲メニューから「ヘルプ > お問い合わせ」を選択します。

 

Amazonアソシエイト

お問い合わせフォーム

▲表示されたお問い合わせフォームへ必要事項を記入します。(必須項目は当然として全て入力しておいた方が無難かと思います。)

 

『メインメールアドレス』や『アソシエイトID』は既に登録済みの情報が記入済みなのでそのままで他の項目を記入します。

  • 名前…登録者の名前を記入する。
  • 件名…『アカウント情報の変更、登録URLの追加など』を選択する。
  • WebサイトのURL…追加登録したいサイトURLを記入。
  • 紹介料受取人氏名…登録者の名前を記入する。
  • コメント…ウェブサイトの追加登録の審査をお願いするコメントをなるべく丁寧に記入する。

 

新しくウェブサイトを開設したのでサイト追加の申請をします。お手数ですが審査をよろしくお願いいたします。

新しいウェブサイトのURLです。
https://◯◯◯◯◯(サイトURL)

 

コメントは上記のように記入しました。参考までにどうぞ。

必要事項を記入したら問い合わせを送信しましょう。これにて『申請』が完了です。あとは審査が完了して返信メッセージが帰ってくるまで待機することになります。

 

②承認されるのを待つ

審査が完了したらメールにてお知らせメールが届きます。(審査に落ちたとしても同じようにメールが来るものと思われます。)

無事にサイトが承認されていると、

 

無事承認となりましたので、既存のアソシエイトID:◯◯◯◯◯-22の登録サイトに追加をいたしました。今後、新しいサイトでのご注文やクリック数などの情報は既存のIDのレポートに計上されます。

 

という内容が含まれたメールが届きました。

申請した時間帯やタイミングによって審査完了までの時間はバラバラだと思います。(私の場合は、夜22時頃に問い合わせメッセージを送り翌日の昼頃に審査完了のメールが届きました。)

 

審査に落ちた場合は「審査に通らない理由」が添えられているそうです。サイトを改善してから再び『①申請を出して審査してもらう』からやり直しましょう。

 

③設定からサイトURLを追加登録する

①〜②の作業を行って新しいウェブサイトはAmazonアソシエイトに承認されました。ここでようやく設定からサイトURLを追加登録します。(自分の手で追加します。)

 

Amazonアソシエイトの追加

▲ホーム画面から『アカウントの管理』を開きます。

 

Amazonアソシエイトの追加

▲アカウント情報の中から『ウェブサイトとモバイルアプリの変更』を選択します。

 

Amazonアソシエイトの追加

 

  1. 『ウェブサイト情報の入力』に新しいサイトURLを入力して追加ボタンを押します。
  2. 下の欄に追加されます。(追加済みのサイトURLが全て表示されています。)
  3. 確認ボタンを押すことでサイトの追加が確定されます。

 

上記の手順でサイトURLを追加登録して、これでやっと新しいサイトの追加登録が完了しました。

 

気をつけるポイントまとめ

  • 未承認のウェブサイトを自分で追加登録しただけでは意味がない。
  • Amazonリンクを貼りたいウェブサイトごとに審査が必要。
  • ブログを5個作ったら5回の申請を出すことになる。
  • ウェブサイトに問題があればもちろん審査は落とされる。
  • Amazonリンクを貼ったウェブサイトが未承認だったら立派な規約違反。
  • ペナルティで収益がパーになる可能性がある。

 

自分で設定からサイトURLを追加しただけではダメなんです。こちらからは見えない『Amazonアソシエイト側』に承認されていなければ意味がありません。忘れずに申請を出しましょう。

Googleアドセンスとごっちゃになってしまっている人も少なくないと思います。アドセンスは一度審査に通ればそれ以降の審査はありませんからね。

何度でも言いますがAmazonアソシエイトはサイトごとに審査が必要です。ウェブサイトが承認されていなければ規約違反としてペナルティになり収益が途絶えてしまう可能性がありますので注意して下さいね。

 

そして最後に大きな落とし穴があります。

それはTwitterです。

 

Twitterへ投稿する場合も審査が必要!

Amazonアソシエイトの商品リンクをTwitterで投稿しているケースを見かけますが、実はTwitterへ商品リンクを投稿する場合もTwitterページの審査が必要なのです。

お問い合わせで『https://twitter.com/ユーザーID』のサイト追加の申請を出し、審査が完了し、サイトURLとして設定から追加登録をします。そこではじめてTwitterアカウントで商品リンクを投稿することができます。

もちろんこの場合は『アカウントごとに審査が必要』ということになります。Twitterで投稿している方もサイト登録の申請をお忘れなく。

 

まとめ

Amazonアソシエイトではとにかくサイトごと、アカウントごとに審査が必要になります。

承認されていないサイトやTwitterアカウントで広告リンクを投稿している方はいつペナルティになってもおかしくない状況です。(通報されなければバレないかもしれませんが)これは立派な規約違反になります。

広告を貼りたいサイトやTwitterアカウントは必ず審査してもらいましょう。という話でした。

タイトルとURLをコピーしました