チプカシの魅力!ビンラディンモデルとメタルバンドがカッコいい

チプカシ時計
スポンサーリンク

こんにちは。

 

『チプカシ』という名前を聞いたことはありますか?

 

今となっては説明不要なくらい有名な製品となっていると思いますが、チープカシオを略してチプカシと呼ばれています。

文字通りチープなカシオ製の腕時計のことで、ホームセンターなどで1,000円前後から手に入る安物の腕時計なので「チープ」という位置付けです。

 

最近ではこのチープ感が「逆にオシャレ」ということで若者たちのファッションアイテムとして人気を博しています。インスタグラムでは#チプカシ、#チプカシ女子というハッシュタグでオシャレな写真が見られます。

安物のダサい腕時計が今では女性にまで人気なファッションアイテムに。

 

そんなチプカシを購入したところ私も大変気に入ってしまったので紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

F-105W-1A(ビンラディンモデル)

チプカシF-105W-1A

チプカシにも様々なモデルがありますが、中でも定番中の定番とされているチプカシが、

  • F-91W-1A
  • F-105W-1A

の2機種となります。(私が購入したのは105Wです。)

 

91Wと105Wは若干のカラーリングが異なるがひと目見ただけでは違いは分からない。大きな違いはバックライトの有無です。

91Wに搭載されるLEDライトは画面一部しか照らされずに時計が見づらかったが、105Wは画面全体をELバックライトで光らせるため暗闇での視認性が抜群である。

 

ちなみに105Wの方が後継機で200円位の価格差があるが、購入するのであれば105Wがおすすめです。

とにかく安さを選ぶ方には91Wでも全然OKです。

安さを求めるのが「チープの美学」ですからね。

 

チプカシ F-105W-1A

このモデルは通称『ビンラディンモデル』と呼ばれていることでも有名です。

 

あの有名なテロ組織アルカ◯ダのリーダーであるウサマ・ビンラディン氏が91Wを装着している写真があり、そこから91Wは『ビンラディンモデル』と呼ばれるようになる。実際に組織では時限式爆弾のタイマーにも91Wが使用されていたりアルカ◯ダのメンバーにもこの腕時計が配布されていたとされている。

 

世界でも信頼のあるチプカシは性能も優秀なのです。

 

約1,000円で手に入る時計とは思えない優れた耐久性であり、ある人は十年以上も愛用しているという。

シンプルが故に電池寿命は7年以上と長く、Gショックなども生産しているカシオ製ということで性能にも定評があります。

仕事やスポーツでもガンガン使い込むことができ、故障したとしても簡単に買い換えができる価格なので愛用者は多い。

 

 

A158WA-1JF(メタルバンド)

チプカシ A158WA-1JF

もう1つの定番モデルがA158WA-1JFです。

ひと目で分かる特徴がメタルバンドという高級感のある見た目。ビンラディンモデルの91Wをそのままメタルバージョンにしたものです。

この高級感のある見た目にもかかわらず価格は約1,000円というのが驚きです。

 

チプカシ A158WA-1JF

私はこのメタルバンドモデルを大変気に入ってしまいました。

めちゃくちゃカッコいい。

バックライトが91Wと同じの見づらいLEDタイプなので注意だが、別に見えないわけではないので問題はない。むしろこの価格帯の腕時計にライトがあるだけでも有り難いものだ。

もちろんベルトの長さ調整も可能です。

 

 

チプカシの魅力について

チプカシ

私はGショックが好きでしたが、今回チプカシを購入してみて大変気に入りました。

最初は電波時計もタフソーラーも非搭載の腕時計を装着することに不安を感じましたが、普段使いとして使う分にはチプカシでも十分だということに気がついた。

電波時計がなくても時間のズレは1ヶ月に数秒程度、電池寿命は7年とされている。(バックライトなどの機能を多用すれば短くなる。)

 

チプカシの魅力

お気に入りポイントはこのサイズ感。

Gショックの人気モデルである5000系シリーズは比較的コンパクトなボディであるが、その5000系シリーズと並べてみても圧倒的なチプカシの小ささがわかる。

邪魔にならずに軽量な腕時計を持っていると捗る。アウトドアでは電波ソーラーのGショックが役立つが、普段使いではチプカシで何ら問題はない。

 

チプカシの魅力

冬場など長袖を着る際にGショック(写真左)みたいにゴツさがあると袖が引っかかり邪魔になりますよね。このコンパクトなチプカシであれば袖の中にスムーズに収まり邪魔になりません。

まさにスマートの一言です。

真のスマートウォッチとはチプカシのことではないでしょうか。とくにシャツ系の服を着ているビジネスマンにおすすめです。

 

チプカシの魅力

チプカシはファッションアイテムとしても人気があり、NATOベルトへ交換することで自分なりのカスタムができる。

18mmのNATOベルトなら装着可能です。

しかし約1,000円のチプカシに、本体よりも高価なベルトに交換するのがどこか『チプカシの美学』に反するような気がしないこともない。

 

なので私はダイソーのNATOベルトを購入してみました。(写真の2種)

100円です。

 

チプカシに100円ベルト。

 

チープを極めようじゃないか。

 

 

 

チプカシにダイソーのNATOベルト

18mmのチプカシに対して、ダイソーのNATOベルトを取り付けるには少し加工が必要になる。

加工が面倒くさいという方は少し価格が上がるが18mmベルトを購入して下さい。カラーバリエーションも豊富で、カッコいいベルトが多いですよね。

チプカシ本体とベルトで様々な組み合わせを楽しめます。

安いチプカシだからこそ気軽にできるカスタマイズ。

 

 

チプカシ他モデル

チプカシにはアナログ時計タイプもあるので、アナログ時計を見慣れている方でも安心してチプカシに手を出すことができる。

デジタルタイプにあるアラームやストップウォッチという機能が無くなってしまいますが、アナログの方がファッション性や視認性に優れています。

ファッションとしてはアナログの方が人気だと思います。

アナログの定番モデルはMQ-24-7B2LLJFです。

私はデジタル好きですがアナログタイプのチプカシも1つは持っておきたいですね。

 

 

まとめ

チプカシの魅力は伝わったでしょうか?

とにかくスマートなのです。

頑丈なので登山やアウトドアでも愛用され、スマートなのでビジネスシーンでも愛用され、耐久性や信頼性に信頼があり世界中で愛用されている。

そんなチプカシ。

1,000円台から手に入るのでぜひ試してみてはどうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました