【乙4危険物】合格したら収入証紙を入手して免状交付申請を出そう

乙4類危険物取扱者免状交付申請資格・検定
スポンサーリンク

こんにちは。

先日、乙4類危険物取扱者の「試験結果通知書」が届きました。

知識ゼロだった私でも2週間という勉強期間で合格、なおかつ思っていたよりも正解率が高かったことに驚いています。

そこそこ勉強すれば誰にでもチャンスがある資格だということですね。

 

そして今回はさっそく免状交付申請を進めていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

試験結果について

おそらく試験のときに合格者発表日を知らされていると思います。

合格者発表日には公式ホームページにて合格者の受験番号が公開されるので、受験番号の有無で合否を確認をすることができます。

 

インターネット掲示から1〜3日程度で試験結果通知書(ハガキ)が届きます。

私のところはインターネット掲示の翌日に届きました。

 

乙4類危険物合格通知書

見開きハガキを開くと合格の文字が記載されています。

インターネット公開で受験番号を確認していても通知ハガキが届くまでは少し不安が残っていたけど、これにて合格が確定して一安心。

 

見開きハガキになっており、

左側が「試験結果通知書」

右側が「免状交付申請書」になっています。

 

この試験結果通知書を切り離さずに免状交付申請として郵送します。

 

ちなみに通知書には試験の正答率も記載されています。

法令(100%)・物理科学(80%)・性質消火(100%)

私は勉強方法の記事の通り、苦手分野を「捨てる」ことで効率よく勉強してそれ以外の問題でパーフェクトだったようです。

 

免状交付申請の手順について

免状交付申請するためには準備するものが多数あります。

まずは下記のものを揃えましょう。

 

  • 試験結果通知書(免状交付申請書)
  • 収入証紙(2,900円分)
  • 免状の返送封筒
  • 返送用の切手(392円分)
  • 上記書類を郵送する封筒
  • 取得済みの免状(初回の場合はなし)※

 

免状の交付にかかる手数料は「収入証紙」という聞き慣れない金券を使用しますので、入手方法などをまとめています。

初回の場合は必要ないのですが、すでにその他の危険物取扱者の免状を所有する方は免状も同封します。※

 

免状を送ってもらうための封筒や切手も自分で用意しなくてはなりません。

 

上記の必要なものを揃えたら消防試験研究センターの各支部へと郵送します。

 

免状交付申請にはそこそこ準備が必要なので、合格に自信のある方は合格発表前に準備しておくとスムーズに申請ができます。私は合格の自信があったので、封筒や切手は発表前に用意しておきました。

 

試験結果通知書(免状交付申請書)

試験結果通知書として届いたハガキに「免状交付申請書」がくっついています。

なのでこれらを切り離さずに提出します。

 

乙4類危険物取扱者の免状交付申請

見開きハガキの右側の免状交付申請書には必要事項を記入します。

 

  • 申請日
  • 申請者名
  • 連絡先

 

それ以外の住所氏名などはすでに記載されています。

次にハガキの裏面を見てください。

 

乙4類危険物取扱者の免状交付申請

青いページには「収入証紙」を貼り付けます。

免状交付手数料の2,900円分の収入証紙を用意しましょう。

 

収入証紙(2,900円分)

「収入証紙」とは地方自治体が条例に基づいて発行し、自治体に対する租税や手数料などの納付を行うための証票です。

見慣れないものかもしれませんが、気をつけるポイントが2つ。

 

  • 「収入印紙」ではなく「収入証紙」
  • 各都道府県の発行する収入証紙が必要

 

字がそっくりですが「収入証紙」なので気をつけてください。

免状交付申請をする都道府県が発行する収入証紙が必要となります。(私は静岡県なので静岡県の発行する収入証紙を購入しました。)

 

乙4類危険物取扱者の免状交付申請

まったく目にする機会はないと思いきや、誰もが一度は目にしたことがあったりします。

それは「運転免許証」の取得時ですね。

窓口の方が貼り付けていたような気もしますが、たしかに見た覚えがあります。

 

ということで収入証紙は「運転免許センター」で購入しました。

 

それ以外にも、

  • 交通安全協会(警察署)
  • 食品衛生協会
  • 計量協会
  • 自動車学校

などでも購入できるようです。

 

各都道府県によって販売所が様々なので都道府県のホームページなどで確認して見てください。(免許センターか警察署に行けば確実です。)

 

免状郵送の返信封筒

次に封筒を用意します。

「申請用」と「返送用」の2種類の封筒が必要なので注意してくださいね。

 

乙4類危険物取扱者の免状交付申請

2種類の封筒を用意しました。

 

  • 角形3号 幅216mm × 長さ277mm(申請用)
  • 長形3号 幅120mm × 長さ235mm(返送用)

 

返送封筒には「長さ14cm~23.5cm、幅9cm~12cmまで」と指定されています。

つまり定形郵便サイズです。

 

申請する際に使用する封筒はとくにサイズ指定はありません。

交付申請書や返送封筒が入ればいいです。

返送封筒を折り曲げたくなかったので私は角形3号(定形外郵便)にしましたが、郵送料を抑えたい方は定形郵便物サイズの封筒でもいいかと思います。

 

今回は家にあった封筒を利用しましたが、封筒は100円ショップで購入できます。

 

乙4類危険物取扱者の免状交付申請

返送封筒には予め免状の郵送先の宛名を記入しておきます。

裏面には受験番号を記入するように指定されているので忘れないように。

 

もちろん免状の返送にも郵送料が必要です。

簡易書留にかかる392円分の切手を貼っておきます。

 

返送用の切手(392円分)

免状は「簡易書留」で郵送されます。

  • 定形郵便物の通常料金が82円
  • 簡易書留の手数料が310円

 

切手は合計392円分が必要です。

 

しかし392円というぴったりの切手は存在しません。

複数の切手を組み合わせて392円分を揃えます。

 

乙4類危険物取扱者の免状交付申請

私は別件で郵便局へ行った際についでに購入しました。

 

310円×1枚 + 82円×1枚 = 392円

窓口の職員に「392円分ください」と言ったらこの組み合わせを頂きました。

郵便局であれば全種類の切手が揃っているはずなので、枚数が1番少なくなる組み合わせで用意してもらえますね。

 

郵便局に行く時間のない方はコンビニで切手を購入することになります。

各コンビニによって取り扱っている切手の種類が異なるので注意してください。

セブンイレブン

2円、10円、50円、52円、82円、92円、100円、280円

ファミリーマート

2円、10円、50円、52円、82円、92円、100円、280円

ローソン

10円、50円、52円、82円、92円、100円

 

組み合わせとしては、

100円×3枚 + 92円×1枚 = 392円

とか分かりやすいのかな。

 

ただしコンビニの場合、店員さんは切手の販売には慣れていないだろうから、392円の組み合わせを理解していない可能性もあります。

自分で「◯円を◯枚、◯円を◯枚ください」と言うことになると思います。

 

コンビニでは在庫切れなどに対応できるように予め数パターンの組み合わせを考えておくといいかもです。可能であれば郵便局で購入するのが確実です。

簡易書留にて郵送する

交付申請書、収入証紙、返送封筒、返信切手など用意が整ったら、申請封筒にすべて入れて郵送するだけです。

 

郵送方法は「簡易書留」と指定されています。

ポスト投函しても届いてしまうようですが「簡易書留」と指定されている以上はルールは守り、必ず窓口から郵送するようにしましょう。

ボイラー技士の受験申請書

私が使用した角形3号の封筒は定形外郵便なので、

簡易書留で郵送すると430円かかりました。

交付手数料や郵送料金でなんやかんや費用がかかりますね。

 

返送封筒で免状が届く

申請が済んだら免状が届くのを待ちます。

 

危険物取扱者免状

無事に免状が届きました。

「◯月◯日までに申請すれば◯月◯日に発送予定です」というような内容が試験結果通知書に記載されています。私のところは約2週間でしたが、これは地域によって変わると思いますので参考までにどうぞ。

 

まとめ

合格したあとの免状交付申請の手順についてまとめました。

切手や収入証紙の購入が少し面倒くさいですが、これさえ乗り切れば念願の免状が交付されますよ。もうひと頑張りです。

 

これで私の乙4類危険物取扱者の取得までの記事は完結です。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました