【2級ボイラー技士】受験申請書の作成手順と提出方法まとめ

2級ボイラー技士受験申請書資格取得

ビルメン資格の2級ボイラー技士の受験申請の流れを紹介します。

まずは「受験申請書」を用意しましたか?

2級ボイラー技士はインターネット経由での受験申請が非対応のためすべて郵送で行います。つまり受験申請書は頒布機関まで貰いに行くか、各センターへ郵送で請求する必要があります。

まず先に受験申請書を入手しましょう。

この記事では、入手した受験申請書の作成手順と提出方法の紹介をします。

申請書類の入手方法はこちら!


スポンサードリンク

受験申請書の作成手順と提出方法

受験希望日を決めよう

ボイラー技士の受験申請書

受験希望日は第2希望まで記入します。

試験日程を確認して決めておきましょう。

もし頒布機関まで受験申請書を貰いに行く場合は各種免許試験案内(写真右)も一緒に貰っておきましょう。安全衛生技術試験協会の各免許の試験日程が記載されているので便利です。

無くても公式ページで確認できます。

外部リンク日程(二級ボイラー技士)

封筒を用紙しよう

二級ボイラー技士受験申請書

冊子になっている受験申請書の中に宛名用紙があり、宛名に「受験したい各センターの住所」を記入して封筒に貼り付けて使用するものです。

各センターの住所は冊子に記載されています。

下部には自分の住所氏名の記入。

受験する「試験の種類」を◯で囲みます。

二級ボイラー技士受験申請書

宛名用紙を記入したら冊子から切り離して封筒へ貼り付けます。

A4書類の入る角形2号(240×332mm)がおすすめです。

100円ショップで入手可能。

試験手数料の支払い方法

二級ボイラー技士受験申請書

2級ボイラー技士の試験手数料は6,800円です。

冊子に入っている払込取扱(5枚綴り)を使用して支払いをしましょう。

ちなみに試験手数料の支払い方法は2種類。

試験手数料の支払い方法
  • 郵便局や金融機関で払込みを行う
  • 各センター窓口で直接支払う


各センターが近くの方は直接支払いに行くのが手っ取り早いけど、全国に7箇所しかないため多くの方は郵便局等で払込みをする方法になります。

今回は郵便局での払込方法を紹介します。

まずは5枚綴りの払込取扱票を冊子から切り離しましょう。

払込取扱票の内容
  1. 払込取扱票
  2. 払込票
  3. 払込金受入票
  4. 振替払込請求書兼受領証
  5. 振替払込受付証明書

上記5枚を切り離さずに郵便局や金融機関へ持ち込みます。

二級ボイラー技士受験申請書

用紙は金額・住所氏名など必要事項を記入。

金額欄には「6,800円」と記入。

二級ボイラー技士受験申請書

私は郵便局で支払いをしました。

5枚綴りの右3枚が手元に返って来ます。

このうち右端の振替払込受付証明書を受験申請書に添付します。

私の利用した郵便局では払込手数料130円がプラスされ合計6,930円を支払いました。利用する郵便局や金融機関によって手数料は異なるかもしれないのでご了承下さい。


受験申請書を完成させよう

二級ボイラー技士受験申請書

冊子の免許試験受験申請書に必要事項を記入。

次ページに記入方法の解説があるので要確認。

記入が終わったら必要書類を添付します。

添付するもの
  • 写真(30×24mm)
  • 振替払込受付証明書
  • 本人確認書類のコピー


指定サイズの証明写真(6ヶ月以内に撮影したもの)を用意して、手数料支払いを証明する振替払込受付証明書は郵便局で手元に返ってきた伝票を使用します。

本人確認書類のコピーは運転免許証で大丈夫。

二級ボイラー技士受験申請書

表面に写真振替払込受付証明書を添付。

写真の裏には氏名・受験免許の種類を記入しておきます。

二級ボイラー技士受験申請書

裏面に本人確認書類のコピーを添付。

私は運転免許証のコピーを使用しました。

二級ボイラー技士受験申請書

記入漏れや添付忘れのないことを確認して封筒に入れます。

封筒には宛名用紙をしっかりとのり付けします。

これで受験申請の準備が完了しました。

郵便局で郵送手続きをするだけ。

もう少しです。

宛名の「行」を消して「御中」に書き変えておくのが折り返し郵送でのマナーだそうです。(郵送前に気がついて修正しました。)


受験申請書を郵送しよう

受験申請は試験日に対して受付期限があります。

期限に注意して早めに郵送しましょう。

第1受験希望日の2か月前から14日前(消印有効)までに郵送してください(定員に達したときには、受験日は第2希望日になります。)。

受験申請から資格の取得まで


郵送の受付は「試験日の2ヶ月前から2週間前(消印有効)まで」です。

ちなみに定員に達した場合などは第2希望の試験日になるということなので、とにかく早く提出した方が第1希望日で受験できる可能性が高いかもしれません。(保証はできませんが)

ボイラー技士の受験申請書

郵送方法は簡易書留と指定されています。

郵便局窓口で「簡易書留でお願いします」と言うだけ。

定形外郵便物120円、簡易書留320円、

合計440円かかります。

私は2019年受験で、郵便料金の値上がり前だったので430円でした。しばらく古い情報を記載したままになっていて申し訳ございません。

あとは折り返し受験票が届くのを待ちましょう。

簡易書留とは追跡サービスや最大5万円までの損害賠償が対象となった書留の一種です。


受験するセンター窓口に持ち込む

ボイラー技士の受験申請書

各センター窓口へ直接行く方法も紹介します。

この場合も受験申請書が必要なので準備しましょう。本確認書類のコピーと写真も必要です。

各センター窓口での受付期間は「試験日の2ヶ月前から2日前まで」です。

締日は「休業日を除く2日前まで」なので、試験日が月曜日の場合の2日前は「前週の木曜日」となるので注意してください。

払込手数料とか郵送料金がかからないので各センター近い方は少し節約ができますね。

受験票を届いたら準備完了

ボイラー技士の受験申請書

各センター窓口で手続きをした場合は受験票をその場で貰えるそうです。

郵送の場合は折り返し郵送されるのを待ちます。

私のときは申請書類を郵送した3日後には受験票が届くという素早い対応でした。

スポンサードリンク

まとめ

申請書類の入手からすでに面倒だったり、アナログな方法でしか手続きができないという無駄に手間のかかる受験申請でしたが受験票さえ届いてしまえば一安心。

これで試験勉強に専念できます。

頑張りましょう!

あなたなら必ず一発合格できます!

関連記事【2級ボイラー技士】知識ほぼゼロから合格できた勉強方法とテキストの紹介

しかし…

合格しても免許取得までは先は長いのです。

免許取得までの道のり
  • 申請書類の入手
  • 面倒な申請手続き ←今ここ
  • 試験会場までの遠征
  • 試験に合格!
  • 3日間の実技講習
  • ようやく免許申請


2級ボイラー技士の試験そのものは低難度な部類だと思うけど、すでに免許取得済みの私の感想は「ビルメン4点セットで最も手間と費用のかかる資格」です。

関連記事ビルメン4点セットの取得にかかった費用まとめ

免許の発行までは先は長いけど、試験合格さえしておけば免許ゲットしたも同然。

ボイラー技士の受験申請書

あと私は免許取得までに約5万円かかりました。

試験がんばりましょう(ヽ´ω`)


タイトルとURLをコピーしました